1039

野外博物館 北海道開拓の村

北海道の約100年前の歴史空間が広がる

かつて使われていた建造物を移築、再現した建物がほとんどであるため、本物の歴史を間近に感じることができます。

 

国内唯一の場鉄(馬車鉄道)が村内を走ります。馬は道産子種。実際に乗れます。
(有料) 大人270円、小人130円


旧札幌警察署南一条巡査派出所

記念撮影にと大人気。旧札幌警察署南一条巡査派出所で活躍中の昔のおまわりさん。

 


旧青山家漁家住宅

 


開拓使札幌本庁館。アイヌ人の住む蝦夷地開拓をするための行政機関が開拓使。その本庁舎。


ニシン番屋。大きくて立派な番屋はニシン御殿と呼ばれた。日本海海岸はに大量のニシンが到来。

北海道の開拓を支える一大事業となった。

旧小樽新聞社。札幌軟石で作られた。昔の新聞づくりの様子がわかります。


古平町にあった旧近藤病院。町医者(全部の診療科を担当する町のお医者さん)がたくさんいた時代。


広い。見るところが多く、ぜひ訪問したい場所。



住所北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
電話011-898-2692
営業時間 5~9月 9:00a.m.~5:00p.m.
(入場は4:30p.m.まで)
10~4月 9:00a.m.~4:30p.m.
(入場は4:00p.m.まで)
定休日 5~9月 無休
10~4月 毎週月曜日(祝日の場合は翌日休み)、12/29~1/3
対応言語日本語 英語 
その他の情報

【利用料金】
■一般
4月~11月 830円
12月~3月 680円
■大学生・高校生
4月~11月 610円
12月~3月 550円

※中学生以下、65歳以上の方は無料です。

【交通アクセス】

新札幌バスターミナル 北レーン10番乗り場より JR北海道バス 新22「開拓の村」行
→ 終点下車すぐ
※乗車時間:約15分
※乗車料金:大人210円

マップコード9 479 505
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

周辺地図




おススメのスポット