1308

手宮線跡地

北海道の石炭を小樽港から積み出すために作られた。手宮〜札幌間、そして札幌〜幌内(現三笠)。石炭の衰退とともに廃線。

 

 

石炭は北海道の重要な産業の時代がありました。掘り出される大量の石炭は、鉄道を通って港に運ばれる。小樽は石炭の積出港として重要な役割を果たし、この手宮線がその象徴と言えます。



周辺地図




おススメのスポット